卵殻膜美容液のおすすめと口コミ!

卵殻膜美容液という名前を聞いたことありますか?私はインターネットで知るまで聞いたことがなかったのですが、調べてみると女性に嬉しい効果がたくさんある「卵殻膜美容液」についての口コミを集めてみました。聞いたことはあるけどまだあまり知らない方や、実際にどの卵殻膜美容液が良いのか実際の口コミを見て決めたい方の参考になれば嬉しいです。

 

卵殻膜とは何か?

まず始めに卵殻膜とは何かというと、卵を割ったときに付いてくる白くて薄い皮がありますよね?あれが卵殻膜です。そしてなんとあんなに薄い皮に実は美容成分がたっぷりあるのです。それを使って作られているのが卵殻膜美容液と言います。この美容液は若い方から年齢肌の方まで使えるマルチな美容液なのです。

卵を使っていると聞くと、アレルギーがある人や敏感肌の人は躊躇してしまうかもしれません。ですが、卵殻膜には卵アレルギーの人が反応を起こしてしまう成分は入っていません。卵アレルギーの人が反応する成分は主に「オボアルブミン」や「オボムチン」です。これは卵白に含まれる成分で卵殻膜には含まれていないのです。

しかし、万全を期すためにもやはり初めにパッチテストをする事を強くお勧めします。

 

『卵殻膜美容液はこんな悩みにお勧め』

年齢を重ねるにつれて気になってくるのが「シワ・たるみ・ほうれい線」です。これらの悩みを解決する手段として、今注目されているのが、線維芽細胞(せんいがさいぼう)の活性化です。線維芽細胞とは真皮に存在する細胞で、「コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン」といった、ハリ・弾力成分のすべてをつくる若々しさの源ともいえる細胞です。

 

しかし、この細胞は長年の紫外線のダメージや年齢を重ねることにより、30代から40代になると働きが悪くなってしまいます。卵殻膜はこの線維芽細胞を刺激して活性化させる次世代エイジングケア成分として、とてもおすすめなのです。今まで、コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなど色々なものを試してもあまり効果が実感できなかったという方には、細胞レベルからアプローチする卵殻膜エキス配合の美容液を試してみる価値はあります。卵殻膜美容液は、お肌の角質の深層へダイレクトに作用し、しっとりと弾力のある肌を取り戻す美容液として、30代以降の女性に大人気の美容液となっています。

『では実際にどんな卵殻膜美容液があるの?』

ビューティーオープナーオイル

一度インターネットなどで検索したことがある方はこの名前を聞いたことがあるかもしれません。こちらはアットコスメでも高い評価を得ている商品です。何よりも卵殻膜美容液の中でも郡を抜いて卵殻膜エキスの配合量が多く、とても濃度が高い美容液です。ビューティーオープナーは香料、着色料、鉱物油、旧表示指定成分、防腐剤を全て使っていません。なので、安心して使うことができるのが嬉しい商品です。こちらは導入液タイプの美容液なので今使っている化粧水やクリームの使い心地も変わります。浸透力が良くなるのでいつものスキンケアもワンランクアップすることができます。

アルマード ラ ディーナ美容液

こちらはビューティーオープナーよりも卵殻膜の濃度は低いです。価格も少し高めに設定されていますが、内容量が他の美容液よりも多めなのでスペシャルケアとしてたっぷり使いたい方にはおすすめです。また18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸を配合しているのでお肌の調子を整えたい方に使っていただきたいです。

アルマード チェルラーブリリオ

こちらの商品はお肌の負担を考えて、防腐剤、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、着色料を使用していません。安心なものを使いたい方におすすめです。こだわって作られている分、やはりお値段も少々高めになっています。卵殻膜エキスのほかにエイジングケア成分であるフラーレンやEGFも配合されているのでよりエイジングケアに特化した商品です。

 

※こちらのサイトを参考にまとめました

http://卵殻膜美容液.site/

 

まとめ

以上が口コミをもとにおすすめしたい美容液です。一口に卵殻膜美容液と言っても化粧水からクリーム、オールインワンまでたくさんの種類があって迷ってしまいますよね。まずは今お手持ちのスキンケア商品を変えることなく導入美容液から試して自分の使いやすいものを見つけていくのもいいかなと思います。

 

何よりも嬉しいのは全てにトライアルセットがあるので、そちらで試してみて肌に合ったら続けることができるの安心して始めることができます。今のスキンケアに物足りなさを感じたら一度試してみてください。ご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です